2021年3月20日 春分の日の星読み

2021年3月20日は春分の日です。占星術的には牡羊座のはじまり、1年のスタートとしてこの日のホロスコープを見ることで、春分の日からの1年の傾向を探ることができます。

ここでは2021年の日本の全体的なムードや動向などを春分図から見ていこうと思います。

 

≪ポイント1:空間性を超えた展開≫

◆火星:双子座10度「落下する飛行機」

◆ドラゴンヘッド:双子座14度「テレパシーでの会話」

◆月:双子座17度「知力の頭に溶けていった健康の頭」

◆アセンダント:天秤座11度「眼鏡越しに覗き込んでいる教授」

◆土星:水瓶座11度「自分のひらめきと向き合う男」

◆木星:水瓶座21度「絶望し幻滅した女」

ネット環境による空間性を超えた多彩な展開や交流がより大きく広がっていきそうです。

特にそれらを利用して、自分の能力や特技、好きなことなどを発表することがより盛り上がります。他に類を見ないその人しか考えつかないようなものが評価されやすいでしょう。また発表する側(表現者側)は視聴者に喜んでもらうことに奉仕的な姿勢で臨み、独創性とイマジネーションに優れた作品が生まれやすいでしょう(+水星:魚座7度「岩の上に横たわっている十字架」)。

またネット環境などでさまざまな習い事や学ぶことがより盛り上がりそうです。興味のあるさまざまなことをどんどん学びたいというムードがあり、またそれに対応して良質な教える現場も増えそうです。

物質的な現場や形などに縛られない意識が大切です。

特にこれまでの現場につながれた人間関係などで必要のないものは解体されていきます。この流れに沿って、必要のなくなった関係は早めに整理して離れた方が良いでしょう。逆に、新たに親しくなった革新的な人物がさまざまな場面を活性化してくれるでしょう(+天王星:牡牛座9度「飾られたクリスマスツリー」)。

≪ポイント2:本当の自己を求める≫

◆太陽=6ハウス(サビアンは春分なので必ず牡羊座1度「女が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」

◆海王星:魚座21度「小さな白い羊と子供と中国人の召し使い」

◆金星:魚座29度「プリズム」

社会的な自己像ではなく、魂や宇宙的な範囲での自分を知りたいという機運が高まります。本当の自己を知るための学びを欲し、修行のようなことをしたいと望む人も増えるでしょう。特に自然の中に行き開かれた環境で自己の直観を解放するようなワークが人気を呼びそうです。精神世界に関しての知識や修行の方法なども多くの人から求められそうです。

今日の1枚引き(期間限定) -002

ふと目に留まった言葉が今の自分にとってのアドバイスになることがあります。

ここではオラクルカードやタロットカードから1枚を引き、そのカードから感じ取った言葉をのせていきます。もし惹かれるカードがありましたら言葉を読んでみてください。

*********************

今日の1枚:≪ワンドの2≫(『Tarot of the Magical Forest』Leo Tang)

壮大に夢を描きましょう。

本当にやりたいことはなんでしょうか。

心からわくわくすることはなんでしょうか。

「頭に思い描けることはすべて実現可能」という言葉があります。

出発点は思い描くことなのです。

自分の中を見つめましょう。

自分の生命力を沸き立たせるものを探しましょう。

今日の1枚引き(期間限定) -001

ふと目に留まった言葉が今の自分にとってのアドバイスになることがあります。

ここではオラクルカードやタロットカードから1枚を引き、そのカードから感じ取った言葉をのせていきます。もし惹かれるカードがありましたら言葉を読んでみてください。

*********************

今日の1枚:≪23 レモン 革新的な思考をもたらす≫(『カラーカード』イナ・シガール)

新しい自分になるときです。

ずっと同じことにしがみついていませんか?

それはもう自分には必要のないものかもしれません。

いらないものは手放しましょう。

本来の自分を表現するための新しい道に進みましょう。

自分自身の道を切り開いていくための勇気を持ち、決断しましょう。

私自身のこと 前編

今回は、私自身の「この世界に馴染めない」と感じてきた経験を書こうと思います。これを書こうと思ったのは、これからの私の活動のひとつとして、同じような経験をして苦しんでいる方に、何か参考になるような情報を届けていくことをしたいと考えたからです。

今後のブログでエネルギーや周囲に敏感で困っている人や、この世界に馴染めないと感じている人向けの情報も書いていけたらと思っています。

私の幼少期は金縛りが頻繁にあり、その時は首の後ろから何かが入ってくるような感覚がしていつも恐怖を感じていました。その出来事があるせいで、小学4年生頃まで電気をつけた明るい部屋でないと、精神的に不安で眠れない状態でした。

また小学校の中学年頃まで、自分を見おろしているもう一人の自分、という視点がありました。日常のさまざまな場面を、宙に浮いている方の視点から眺めていました。ある夜、強烈な金縛りにあい、黒いマントで覆われた4、5人の人に囲まれ、私自身の何かが封印される儀式のような光景を見ました。それをきっかけに、金縛りもほとんど起こらなくなり、宙に浮いた視点も忘れていきました。

その頃から自分の中で「自分を閉じ込めている」という葛藤が起こり始め、また周囲のマイナスな感情などにも敏感に反応するようになりました。そして中学校に上がると、クラスメイトの放つ思春期特有のさまざまなエネルギーに疲れるようになりました。そのストレスからか体調を崩しやすくなり、アレルギー体質にもなり、学校に行けなくなった時期もありました。

高校、大学、就職、と年を重ねる間に周囲に溶け込む努力をし、高校時代は途中でまた学校に行けなくなる時期もありましたが、なんとか生活を送っていました。しかし周囲のエネルギー(特にマイナスな)に敏感な体質は変わらず、体調は崩しがちなのが当たり前になっていました。また周囲の人々の考え方や感じ方が自分と根本的に違う感じがして、「自分の居場所はここではない」という気持ちも常にあり、度々うつ状態になっていました。就職してからの仕事は、体調や精神的な不調から長くても1年程度しか続きませんでした。

そのような状態で家族の元にいるのも苦しいという気持ちが強くなり、何も考えずにひとりで東京に飛び出しました。25歳の時です。そしてある日、ずっと抱えている苦しみの原因に何かヒントはないかと、思い切って有名な占い師の方に視てもらうことにしました。

そこで私の体質は占い師に向いているということを知り、独学で占星術やタロットの勉強を始めました。すると占星術の自分のホロスコープに、これまでの自分の苦しみの原因のひとつがはっきりと表れていました(月と冥王星がスクエア。さらに月と木星がオポジション(冥王星中心のTスクエア)。キロンも入れると固定宮のグランドクロス。金星は涙の蠍座29度)。

月と冥王星のスクエアの体験はかなりハードで、「これまで積み上げてきたものをすべて壊したい」という衝動や、人の感情とは思えないような強烈な感情が自分をつらぬきます。さらにその感情を木星が大げさに広げてしまうので、こうなると自分では感情のコントロールができなくなってしまいます。普段の調子の悪さに加えて、この衝撃が度々やってくるため、その度にもう消えてしまった方が楽だと思っていました。

しかし強烈な衝動の原因がわかったことで、私はかなり救われました。

長くなってしまったため、続きは後編で書いていこうと思います。

フラワーエッセンスのエネルギー〔ひろがるシリーズ〕

ここではフラワーエッセンスのエネルギーがどういうものなのかについて詳しく見ていこうと思います。少しややこしい考え方も出てきます(ここで説明しているフラワーエッセンスのエネルギーを理解していなくても、フラワーエッセンスの利用自体に差し支えはありません)。
フラワーエッセンスへの理解をさらに深めたい方の入り口となれば幸いです

※精神世界的な知識がないと少し読みづらいシリーズを〔ひろがるシリーズ〕としています。

まずフラワーエッセンスのエネルギーの具体的な説明に入る前に、前提の考え方として「人には物質的な肉体だけではなくエネルギー的な目に見えない体もある」という考え方を頭に入れておくと、フラワーエッセンスのことをより理解しやすくなります。

エネルギー的な見えない体は人の体の周辺に球体状(釣り鐘型状(実際の形はそうとは限らない))に広がっており、精神世界の話ではよく出てくる用語となりますが、シュタイナーが提唱したように「エーテル体」「アストラル体」「メンタル体」「コーザル体」といういくつかの層に分かれています。

体に一番近い層は「エーテル体」と呼ばれ、これは少し慣れれば誰でもすぐに見えるようになる、体から数センチのところにある無色の層です。このエーテル体は物質的な肉体と、エネルギー的な体との間をつなぐ役割をしており、エネルギー体の中では一番物質に近い周波数を持っています。

エーテル体は「目に見える肉体からすると最上の位置にあり、目に見えないエネルギーの世界からすると最低の位置にある」というものです。人の持つ低次の感情(怒り、悲しみ、憎しみ、批判、嫉妬、感傷など)はエーテル体レベルで起こってくるものです(「低次」とはより物質的な密度が濃い状態、「高次」とはより創造的エネルギーの密度が濃い状態のことを言う)。

エーテル体レベルの低次の感情状態というのは、高次の部分から降りてくるエネルギーと、自身の肉体意識などのより低次の部分がうまく連動しなかった時に生まれてくると考えられます。それは例えば自身の高次な部分や霊的な部分を否定している状態や、利他の精神というものを拒否している状態、高次のエネルギーを誤用している状態(グルジェフ)です。そのような時に人は利己主義や疎外感、孤独感などの低次の感情に支配されてしまいます。

植物は「物質界でのエーテル体的な現れ」という風に言われています。先ほど説明したエーテル体は「低次の感情」というイメージの悪いものでした。しかしそれは高次のエネルギーをうまく受け止めきれずに現れる反応のことで、それがエーテル体の全てではありません。

エーテル体は高次のエネルギーの最終的な受け皿で、エネルギーと物質をつなぐものです。宇宙や太陽などのもたらす創造的なエネルギーをただただまっすぐに受けとめ美しい花を咲かせる植物は、物質的なエーテル体表現の最上の形といえるのではないでしょうか。

植物たちのもつこのような波動を定着させたものがフラワーエッセンスです。多くのフラワーエッセンスは花の部分を水に浮かべ、その水を朝日に3時間ほどさらすことで、その植物の波動を水に定着させます。花の部位を選ぶのは、《花はいまもむかしも、植物のなかでもっとも生命力の密度が高い、本質的な器官である。(中略)花は〔植物の〕エーテル的なもろもろの特質が統合される部位であり、生命力の頂点(…)(グルダス著『フラワー・エッセンスと波動医学的治癒』)≫という理由があります。

そして、微細エネルギーを蓄えることのできる性質を持つ水と、花の生命力を溶け込ませる力のある太陽光によって、その純粋なエネルギーの定着が可能となります(バッチ博士の実験により、朝日に照らされることがエネルギーの定着に一番強力に作用することが分かりました)。※太陽光を使ってエネルギーを定着させる方法(サンメソッド)の他に、煮沸法(ボイリングメソッド)などの方法もあります。

感情や思考、意志などは目に見えません。それらが物質的な肉体としての人間の意識の上に現れるまでには、実はさまざまなエネルギー的な作用が関わっています(この辺りを詳しく表現している本にシュタイナーやグルジェフの著書があります)。自分の中に葛藤や低次な感情が生まれる時、そこには自分の物質的な体とエネルギー的な体の間で何らかのずれや誤用が起こっています。そのような目に見えない場所に働きかけ、ズレの起こっている部分を正常に戻し、高次の自分自身とのつながりを取り戻させてくれるのがフラワーエッセンスです。

フラワーエッセンスの概要

フラワーエッセンスとは、植物(現在では鉱物や天体、パワースポットなどで作られたものもある)の持つさまざまなエネルギー(波動)を、混じりけのない水に転写したものです。このエッセンスは現在世界中にさまざまな作り手がおり、そのブランドや種類も数多く存在します。

フラワーエッセンスを最初に開発したのは、イギリスのバッチ博士です。1920年代から始まった博士のフラワーエッセンスの研究は、1936年に彼が亡くなるまで続けられました。博士は「病気の真の原因は、さまざまなマイナス感情が、その人の心と体に不調和を引き起こすことにある」と考え、それぞれのマイナス感情に作用する38種類の植物や自然物でフラワーエッセンスを作りました。

バッチ博士のフラワーエッセンスは、怒り、悲しみ、恐れ、不安、絶望など、自分ではどうしようもできないような心の重荷の解放をサポートしてくれます。それぞれの植物のエネルギー的な作用により、対応するマイナスの感情が改善され、バランスの取れた調和のある心の状態に導いてくれます。

現在イギリスでは救急時に救急隊が到着する前に使われたり、故ダイアナ妃やウィリアム王子、キャサリン妃など英国王室でも使用されたりしています。また日本ではニールズヤードやカリス成城などのアロマショップや、コスメキッチンなどのオーガニックコスメを扱うお店に置かれており、見たことのある方もいらっしゃるかもしれません。

バッチ博士のエッセンスが始まりとなり、現在はさまざまな作り手独自の知識と工夫の加わった優れたエッセンスが数多く販売されています。メジャーなブランドを少しご紹介すると次のようなものがあります。

◆中医学博士サビーナ・ペティットさんによるパシフィックエッセンス(アバンダンスエッセンスなど)

◆植物研究者アンドレアス・コルテさんによるPHIエッセンス(イルカ・エッセンスなど)

◆オーストラリアの原生植物専門のイアン・ホワイトさんによるオーストラリアンブッシュフラワーエッセンス(エンジェルソードなど)

◆ヒマラヤでの隠遁生活の中で啓示を受けエッセンスを作り始めたタンマヤさんによるヒマラヤンフラワーエンハンサーズ(グラガなど)

◆スコットランド北部で共同生活を営むコミュニティ「フィンドホーン」によるフィンドホーンフラワーエッセンス(サイキックプロティションなど)

◆日本で初めて法的認可を受けたフラワーエッセンスの開発者パビットラ(中沢あつ子)さんによるマウントフジフラワーエッセンス(「防御と浄化と刷新」など)。

他にもさまざまなブランドがあり、フラワーエッセンスの世界はとても大きく広がっています。魅力的な数多くのエッセンスの中で、私はオーソドックスなバッチフラワーエッセンスをメニューに選びました。その理由はまた違う記事で書きたいと思います。

占星術と12星座占いの違い

「占星術」と聞いてまず一番最初に思い浮かぶのは、雑誌やテレビなどで目にする「12星座占い」という方も多いのではないでしょうか。ここでは占星術と12星座占いの違いについて触れてみたいと思います。

占星術はある特定の日時(生年月日・生まれた時間・場所など)を元に、下の画像のような「ホロスコープ」という図を出し、その図を読み解いていく技法です。

このホロスコープの一番外側の円に書いてある「♈」、「♉」、「♊」などのマークが、牡羊座、牡牛座、双子座などのサイン(いわゆる「星座」)です。そしてさらに内側に書いてある「☉」、「☽」、「☿」などのマークが太陽、月、水星などの天体を表しています。

占星術では10種類の天体を、「1人の人間の意識を10種類に分類したもの」と考えます。例えば月は感情の基礎的なパターンなどを、太陽は現実社会の中で自主的に人生を創造しようとする時の方向性などを表しています。10天体すべてがそろってはじめて、その人がどのような人なのか、ということが理解できるシステムになっています。

12星座占いはこの10種類の天体のうちの太陽のみを見たものです。自分が生まれた時に、太陽がどのサイン(星座)の場所にあるのか、というものを表したのが12星座占いです。

12星座占いで自分の星座がしっくりこないという方も多くいらっしゃると思います。それもそのはずで、12星座占いはその人の10分の1の部分にスポットをあてただけのものであるため、例えば10種類の天体のうち太陽は牡牛座にあったとしても、他の9個の天体がすべて他のサイン(星座)に入っていたとすれば、本人の実感が薄かったとしてもしょうがないということです。

また、それぞれのサイン(星座)はさらに30の段階に分類することができます。同じ牡牛座であっても、牡牛座の初期(1~5度)に太陽のある方と、後期(25~30度)に太陽のある方では、そのサインの意識に違いが出てくるのです。(この30のそれぞれの数には「数の原理」の意味が付与されており、この原理とそれぞれのサインの性質のブレンドが、360通り(12サイン×30)の微妙な色合いを作り出します。この360個のひとつひとつに象徴的な言葉を付与したのがサビアンシンボルです)。

サイン(星座)の初期の段階は、ストレートにそのサインの性質を表現しますが、後期の段階では次のサインに移る準備に入るため、自分のサインに飽き飽きしているという表現も出てきます。そのためひとつのサインの中でも後期の段階に太陽などのある方は、自分のサインの性質をストレートに受け入れづらい心理が働く場合もあるのです。

例えば私の身近なところで例をあげると、私の母の出生ホロスコープでは太陽が山羊座の後期(30度)にあります。母はあまのじゃくで、決められたことを押し付けられるのが大嫌いな人です。「こうしなさい」と言われると反対のことをしたくなる性分です。このような性質は明らかに山羊座の次の水瓶座の表現です。

山羊座の性質は、自分の所属する社会の規則や決まり事を大切にし、その決まりの中で着実に成果を出していく、というようなものです。山羊座の次にくる水瓶座は、山羊座の段階を乗り越えた後にくるサインなので、山羊座の段階で決められたローカルな規則や決まり事などを、もっと普遍的なものに高めようと、時には壊しにかかるような性質を持っています。

母の場合、山羊座を内部で30に分けたうちの最終段階に太陽があるため、山羊座を捨てて水瓶座に飛び込もうとするような性質が強調されて出てきていると考えられます。このような母に「あなたの太陽は山羊座にあるので、山羊座のような性質を持っていますよ」と伝えても、「そうかな?」と首をかしげる結果になることは目に見えています。

占星術では、10個の天体を見ることで1人の人の中にある10個の顔を見て、総合的にその人を捉えていくことができます。またサインの中の30の段階を見ることで、色どりを持ったその人の性質が詳細に見えてきます(占星術師の方によってはサインの30の分割を採用していない場合もあります)。

1人1人のホロスコープはほんとうに人それぞれ全然違います(全く同じホロスコープ(星の配置)は、約25000年以上経たなければできないといわれています)。さまざまな天体とサイン(加えてハウス、アスペクト、他の感受点など)の膨大な組み合わせを見て、そこに表現されているその人(や物事)を読み解いていくのはとても楽しく魅力的な作業です。

12星座占いは占星術のほんの一部分しか知ることはできませんが、それでもそこに何か魅力を感じる方がいらっしゃれば、ぜひ本格的な占星術の世界に飛び込んでみてください。そこには学んでも学び尽くしきれないような広大な世界が広がっています。

「西洋占星術&タロット・対面セッション」について

これまでメインで行ってきた西洋占星術&タロットの内容をリニューアルしたので、改めてこちらのメニューをご紹介しようと思います。

これまでのセッションでは占星術よりタロットの比率の高いセッションもあったのですが、今後はメインを占星術に、タロットはサブ的にアドバイスを見る時のみ使用するように変更しました。

私はセッションを通して、来てくださる方が主体的に生きていくためのお手伝いをしたいと考えています。そのためにまず、いらっしゃる方にご自身を深く知っていただき、ご自身の現在の状態や状況を客観的に見るための情報をお伝えしたいと考えています。

また現在ご本人の足を引っ張っている物事や、それを引き起こしているご本人の葛藤を解いていく必要もあるため、そのための占星術的なアドバイスもお伝えします。(占星術は自分自身を深く知るためにはとっておきのツールです。また何か困難が起こっている時に、それが生来起こりやすい状況なのか、一過性のものなのかなどに気づくこともできます。また自分ではどうしようもない葛藤を解いていく方法としては、新しくフラワーエッセンスのメニューを提供していこうと考えています)。

また「自分はこれをやっていきたい」という目標や目的をお持ちの方には、「ではそのためには今自分に来ている流れの中で、何を使ったらいいのか。また何に気をつけなければいけないのか」などの情報を占星術やタロットでアドバイスできたらと思っています。

ここでもメインで使うのは占星術です。占星術は本人の心理的なバイオリズムやその年の感情・関心の傾向であったり、実際にどのような状況や流れがくるのかという世の中からの影響であったり…と時期や時世をみるのにもとても優れています。また現実世界を超えて、魂のルーツを探ったり、地球にきた目的を探ることも可能です(こちらには通常の占星術ではなく、ヘリオセントリックや恒星を使います)。

どのような場合でも、私のセッションではまずご自身のことを理解してもらい、整えていくところからスタートしたいと思っています。なので「とりあえず答えが知りたい」「占いは魔法や予言のようなもので、1回受けることで自分の運命が大きく変わるかもしれない」と考えている方には合わないかもしれません。

最初にセッションを受けにいらっしゃる時は、何か悩みや心配事などがありご相談にいらっしゃる方が多いと思います。私のセッションでは、そのご相談やお悩みを、なぜご自身が抱いているのか、という部分からアプローチしていきます。ご自身を知り、心の奥に抱えている根本的な葛藤を手放していくことで、問題に対して今までとは違う視点をご自身の中につくること。それが自分自身で主体的に問題を解決していく足がかりになると思っています。

本来のご自身を見つけていくためのお手伝いができれば幸いです。

日食から2日

みなさま日食の日はどのように過ごされたでしょうか。

私は日食の2日前から耐えられないような眠気におそわれ、一度横になったり、夜の9時には寝る体制に入ったりしていました。

自分の気の体の方に意識を向けると、かなり大きな範囲で振動しているのが感じられ、今回の日食のエネルギーは本当に強烈だと思いました。

日食から2日経ちエネルギーの振動も弱くなっていますが、影響はこれから開花していくので、日食のブログ(『2020年6月21日 日食』)で示したホロスコープの意味などを意識しながら、引き続き夢や瞑想などに取り組んでいただくのがおすすめです。

本日もフラワーオブライフを描きました。描いているだけで色々と自分の中が整っていくので面白いです。

フラワーオブライフの絵

 

知人から習って描いたフラワーオブライフという模様です。

この模様は「存在する生命のすべての側面を内包しきっている(『フラワー・オブ・ライフ 第1巻』ドランヴァロ・メルキゼデク)」もので、レオナルド・ダ・ヴィンチが絵を残していたり、世界各地の古代神殿に描かれていたりします。

この模様は意味を知らずにただ見ているだけでも、自分の中を整えてくれる効果があるので載せてみました。

詳しい説明はまた違うときにブログで描こうと思います。