2021年3月20日 春分の日の星読み

2021年3月20日は春分の日です。占星術的には牡羊座のはじまり、1年のスタートとしてこの日のホロスコープを見ることで、春分の日からの1年の傾向を探ることができます。

ここでは2021年の日本の全体的なムードや動向などを春分図から見ていこうと思います。

 

≪ポイント1:空間性を超えた展開≫

◆火星:双子座10度「落下する飛行機」

◆ドラゴンヘッド:双子座14度「テレパシーでの会話」

◆月:双子座17度「知力の頭に溶けていった健康の頭」

◆アセンダント:天秤座11度「眼鏡越しに覗き込んでいる教授」

◆土星:水瓶座11度「自分のひらめきと向き合う男」

◆木星:水瓶座21度「絶望し幻滅した女」

ネット環境による空間性を超えた多彩な展開や交流がより大きく広がっていきそうです。

特にそれらを利用して、自分の能力や特技、好きなことなどを発表することがより盛り上がります。他に類を見ないその人しか考えつかないようなものが評価されやすいでしょう。また発表する側(表現者側)は視聴者に喜んでもらうことに奉仕的な姿勢で臨み、独創性とイマジネーションに優れた作品が生まれやすいでしょう(+水星:魚座7度「岩の上に横たわっている十字架」)。

またネット環境などでさまざまな習い事や学ぶことがより盛り上がりそうです。興味のあるさまざまなことをどんどん学びたいというムードがあり、またそれに対応して良質な教える現場も増えそうです。

物質的な現場や形などに縛られない意識が大切です。

特にこれまでの現場につながれた人間関係などで必要のないものは解体されていきます。この流れに沿って、必要のなくなった関係は早めに整理して離れた方が良いでしょう。逆に、新たに親しくなった革新的な人物がさまざまな場面を活性化してくれるでしょう(+天王星:牡牛座9度「飾られたクリスマスツリー」)。

≪ポイント2:本当の自己を求める≫

◆太陽=6ハウス(サビアンは春分なので必ず牡羊座1度「女が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」

◆海王星:魚座21度「小さな白い羊と子供と中国人の召し使い」

◆金星:魚座29度「プリズム」

社会的な自己像ではなく、魂や宇宙的な範囲での自分を知りたいという機運が高まります。本当の自己を知るための学びを欲し、修行のようなことをしたいと望む人も増えるでしょう。特に自然の中に行き開かれた環境で自己の直観を解放するようなワークが人気を呼びそうです。精神世界に関しての知識や修行の方法なども多くの人から求められそうです。

占星術と12星座占いの違い

「占星術」と聞いてまず一番最初に思い浮かぶのは、雑誌やテレビなどで目にする「12星座占い」という方も多いのではないでしょうか。ここでは占星術と12星座占いの違いについて触れてみたいと思います。

占星術はある特定の日時(生年月日・生まれた時間・場所など)を元に、下の画像のような「ホロスコープ」という図を出し、その図を読み解いていく技法です。

このホロスコープの一番外側の円に書いてある「♈」、「♉」、「♊」などのマークが、牡羊座、牡牛座、双子座などのサイン(いわゆる「星座」)です。そしてさらに内側に書いてある「☉」、「☽」、「☿」などのマークが太陽、月、水星などの天体を表しています。

占星術では10種類の天体を、「1人の人間の意識を10種類に分類したもの」と考えます。例えば月は感情の基礎的なパターンなどを、太陽は現実社会の中で自主的に人生を創造しようとする時の方向性などを表しています。10天体すべてがそろってはじめて、その人がどのような人なのか、ということが理解できるシステムになっています。

12星座占いはこの10種類の天体のうちの太陽のみを見たものです。自分が生まれた時に、太陽がどのサイン(星座)の場所にあるのか、というものを表したのが12星座占いです。

12星座占いで自分の星座がしっくりこないという方も多くいらっしゃると思います。それもそのはずで、12星座占いはその人の10分の1の部分にスポットをあてただけのものであるため、例えば10種類の天体のうち太陽は牡牛座にあったとしても、他の9個の天体がすべて他のサイン(星座)に入っていたとすれば、本人の実感が薄かったとしてもしょうがないということです。

また、それぞれのサイン(星座)はさらに30の段階に分類することができます。同じ牡牛座であっても、牡牛座の初期(1~5度)に太陽のある方と、後期(25~30度)に太陽のある方では、そのサインの意識に違いが出てくるのです。(この30のそれぞれの数には「数の原理」の意味が付与されており、この原理とそれぞれのサインの性質のブレンドが、360通り(12サイン×30)の微妙な色合いを作り出します。この360個のひとつひとつに象徴的な言葉を付与したのがサビアンシンボルです)。

サイン(星座)の初期の段階は、ストレートにそのサインの性質を表現しますが、後期の段階では次のサインに移る準備に入るため、自分のサインに飽き飽きしているという表現も出てきます。そのためひとつのサインの中でも後期の段階に太陽などのある方は、自分のサインの性質をストレートに受け入れづらい心理が働く場合もあるのです。

例えば私の身近なところで例をあげると、私の母の出生ホロスコープでは太陽が山羊座の後期(30度)にあります。母はあまのじゃくで、決められたことを押し付けられるのが大嫌いな人です。「こうしなさい」と言われると反対のことをしたくなる性分です。このような性質は明らかに山羊座の次の水瓶座の表現です。

山羊座の性質は、自分の所属する社会の規則や決まり事を大切にし、その決まりの中で着実に成果を出していく、というようなものです。山羊座の次にくる水瓶座は、山羊座の段階を乗り越えた後にくるサインなので、山羊座の段階で決められたローカルな規則や決まり事などを、もっと普遍的なものに高めようと、時には壊しにかかるような性質を持っています。

母の場合、山羊座を内部で30に分けたうちの最終段階に太陽があるため、山羊座を捨てて水瓶座に飛び込もうとするような性質が強調されて出てきていると考えられます。このような母に「あなたの太陽は山羊座にあるので、山羊座のような性質を持っていますよ」と伝えても、「そうかな?」と首をかしげる結果になることは目に見えています。

占星術では、10個の天体を見ることで1人の人の中にある10個の顔を見て、総合的にその人を捉えていくことができます。またサインの中の30の段階を見ることで、色どりを持ったその人の性質が詳細に見えてきます(占星術師の方によってはサインの30の分割を採用していない場合もあります)。

1人1人のホロスコープはほんとうに人それぞれ全然違います(全く同じホロスコープ(星の配置)は、約25000年以上経たなければできないといわれています)。さまざまな天体とサイン(加えてハウス、アスペクト、他の感受点など)の膨大な組み合わせを見て、そこに表現されているその人(や物事)を読み解いていくのはとても楽しく魅力的な作業です。

12星座占いは占星術のほんの一部分しか知ることはできませんが、それでもそこに何か魅力を感じる方がいらっしゃれば、ぜひ本格的な占星術の世界に飛び込んでみてください。そこには学んでも学び尽くしきれないような広大な世界が広がっています。

「西洋占星術&タロット・対面セッション」について

これまでメインで行ってきた西洋占星術&タロットの内容をリニューアルしたので、改めてこちらのメニューをご紹介しようと思います。

これまでのセッションでは占星術よりタロットの比率の高いセッションもあったのですが、今後はメインを占星術に、タロットはサブ的にアドバイスを見る時のみ使用するように変更しました。

私はセッションを通して、来てくださる方が主体的に生きていくためのお手伝いをしたいと考えています。そのためにまず、いらっしゃる方にご自身を深く知っていただき、ご自身の現在の状態や状況を客観的に見るための情報をお伝えしたいと考えています。

また現在ご本人の足を引っ張っている物事や、それを引き起こしているご本人の葛藤を解いていく必要もあるため、そのための占星術的なアドバイスもお伝えします。(占星術は自分自身を深く知るためにはとっておきのツールです。また何か困難が起こっている時に、それが生来起こりやすい状況なのか、一過性のものなのかなどに気づくこともできます。また自分ではどうしようもない葛藤を解いていく方法としては、新しくフラワーエッセンスのメニューを提供していこうと考えています)。

また「自分はこれをやっていきたい」という目標や目的をお持ちの方には、「ではそのためには今自分に来ている流れの中で、何を使ったらいいのか。また何に気をつけなければいけないのか」などの情報を占星術やタロットでアドバイスできたらと思っています。

ここでもメインで使うのは占星術です。占星術は本人の心理的なバイオリズムやその年の感情・関心の傾向であったり、実際にどのような状況や流れがくるのかという世の中からの影響であったり…と時期や時世をみるのにもとても優れています。また現実世界を超えて、魂のルーツを探ったり、地球にきた目的を探ることも可能です(こちらには通常の占星術ではなく、ヘリオセントリックや恒星を使います)。

どのような場合でも、私のセッションではまずご自身のことを理解してもらい、整えていくところからスタートしたいと思っています。なので「とりあえず答えが知りたい」「占いは魔法や予言のようなもので、1回受けることで自分の運命が大きく変わるかもしれない」と考えている方には合わないかもしれません。

最初にセッションを受けにいらっしゃる時は、何か悩みや心配事などがありご相談にいらっしゃる方が多いと思います。私のセッションでは、そのご相談やお悩みを、なぜご自身が抱いているのか、という部分からアプローチしていきます。ご自身を知り、心の奥に抱えている根本的な葛藤を手放していくことで、問題に対して今までとは違う視点をご自身の中につくること。それが自分自身で主体的に問題を解決していく足がかりになると思っています。

本来のご自身を見つけていくためのお手伝いができれば幸いです。

日食から2日

みなさま日食の日はどのように過ごされたでしょうか。

私は日食の2日前から耐えられないような眠気におそわれ、一度横になったり、夜の9時には寝る体制に入ったりしていました。

自分の気の体の方に意識を向けると、かなり大きな範囲で振動しているのが感じられ、今回の日食のエネルギーは本当に強烈だと思いました。

日食から2日経ちエネルギーの振動も弱くなっていますが、影響はこれから開花していくので、日食のブログ(『2020年6月21日 日食』)で示したホロスコープの意味などを意識しながら、引き続き夢や瞑想などに取り組んでいただくのがおすすめです。

本日もフラワーオブライフを描きました。描いているだけで色々と自分の中が整っていくので面白いです。

2020年6月21日 日食

6月21日の夏至の日に日食が起こります。日本全国でも部分日食が16時頃から18時頃にかけて見られるそうです。

日食は占星術的にもさまざまなことが言われています。私も色々と勉強する中で日食に関しての情報がアップデートされたので、その情報をもとに、今回の日食をどのように活用すればいいかについてお伝えできればと思います。

まず日食は私たちにとってどのような意味を持つのでしょうか。それは日食がどのような現象なのかということを見ると、イメージしやすくなります。

日食は太陽と地球の間の位置に月が入り込み、太陽・月・地球が一直線上に並ぶ現象です。これを占星術的に表現すると、「太陽と地球の間に月が割り込んでくるため、太陽のもたらす創造的なエネルギーの光線を月が占有し、地球にそのエネルギーが入ってこなくなる」、ということです。

言い換えると、「地球は私たちの肉体が存在する物質世界を表すので、その物質世界の中で営まれる現実的世界に創造の光線が入ってこなくなる。しかしその代わりに、月の表す「目に見えない気(エーテル体)」の部分に創造的エネルギーが入ってきて活性化される」ということです。

これをさらに言い換えると、「現実生活には身が入らなくなったり、頭がぼーっとしたり、やる気が起きなかったり、身体がだるかったり、すごく眠くなったり、ということが起こりやすくなる。しかしその代わりに、直観がさえたり、目に見えないものを感じ取りやすくなったり、瞑想がとてもはかどったり、眠って夢を見る中で有益な情報を得やすくなったりする」ということです。

物質的な生活に没頭している人にとっては、日食時期は肉体的なエネルギー切れを感じ取る期間ということになります。(気のレベルではすべての人がエネルギーを受け取っているが、物質的生活に入り込んでいるとそれに気づかない。影響自体は無意識下に入り込んでおり、無意識=無防備な状態のため、意図しないところで後々影響が発現する)。

以上を踏まえると日食の時にどのようなことをすればいいのか、というのが自ずと見えてきます。それはまとめると以下のようなことです。

◆たくさん睡眠をとる

◆夢の中で得た情報を有効活用する

◆頭で理屈立てて考えることよりも、直観を重視する

◆現実的・物質的な欲を減らし、目に見えない世界に自分の意識を広げることに比重を置く

◆瞑想する(または変性意識に入る)時間をたくさんとる

日食の影響ははその日だけではなく、数日前からはじまり、終わった後も続いていきます。特に今回の日食は夏至(陽のエネルギーが最大に高まるとき)の直後に蟹座1度(活動宮のはじまりのエネルギーは強烈)で起こるということから考えても、とても強力なものであることがわかります。

日食前の私の実感としては、4日前くらいからすごく眠い、身体がすごく疲れている、実生活でのやる気が減る、という症状が出ています。また、明晰夢を見やすくなる、変性意識に入りやすくなる、という実感もあります。現在日食の3日前ですが、数日前からの影響はかなり出ていると思います。

ここからは今回の日食時のホロスコープを見ながら、今回流れるエネルギーがどのようなものなのかについて考えていこうと思います。

日食(太陽と月)は蟹座の1度で起こっています。

蟹座1度のサビアンシンボルは「巻かれたり広げられたりする船の旗」です。

これは、船にたくさんの人が乗っていて、「この船がどこにいくのか、船に集まった人たちはどのような集団なのか」というようなことが描いてある目印の旗を船員が出したり巻いたりしている、というような光景です。

蟹座は共感をもとに横のつながりが広がっていき、集団的な結束をつくる性質を表しています。活動宮のサインなので、積極的に働きかけながら集団化していきます。旗は巻かれたり広げられたり、という状態なので、その集団がどのようなものなのか、まだ模索段階であるのかもしれません。

またこの日食へのアスペクトとしては魚座の火星があります。

魚座の21度の海王星から影響を受けた火星が26度にあり、この火星が太陽・月と90度になっています。

2つの天体のサビアンシンボルは次のようなものです。

魚座21度:「小さな白い羊と子供と中国人の召使い」

魚座26度:「影響を分割する新月」

21度は柔軟な意識を持つ子供、来るべき予感を表す白い羊、見えないガイドとしての召使いが山の上にいる光景です。山は異界との接点で、より上位のコスモス(異界)にガイドと羊の導きで入っていく子供、ということを表しています。

26度は自分自身の本当のルーツや生きる道を明確に理解して、それを受け取っていく意志を表しています。それは他からの影響や、狭いローカル的な場でのつながりを切り捨てていく厳しい姿勢でもあります。

以上の日食、海王星と火星をあわせて考えていくと以下のようなものが見えてきます。

まずは何か自分の属するための、自分と同じ周波数をもつ集団というものを見つけその中に入っていく。はじめはそれがどのような集団なのか自分でもはっきりとはわからない。しかしそれは自分の本質的なルーツとしての集団であり、それがどこに属しており、どのような目的をもって、どこに行くのか、ということを明確にしなければならない(そのためには自分の魂としっかりつながった状態でガイドの導きを得る必要がある。また不必要なものや不必要なつながりをきれいに一掃する必要がある)。そして自分の属する集団とその目的が分かったらそれをしっかりと意図し、より上位のコスモスに移動していく。

この日食の太陽の創造的エネルギーは月(気のレベル)で受け止める種類のものであるため、目に見えない世界で意識して実践していく必要があります。

そのように言われてもよくわからない、という方もたくさんいらっしゃると思いますが、まずできることとして一番簡単な方法は眠って見る夢を活用する、ということです。

眠っている状態というのは、体から自分の気(エーテル体)が抜け出し、そのエーテル体が通路をつくることで、よりおおもとの魂に近い自分の意識が目に見えない色々な世界を旅する、という状態です。(誰でも夢の中で時間・空間を超えたさまざまな階層を旅していますが、それぞれの階層の段階まで自分の意識が達していないとその夢を覚えて持ち帰ることはできません)。

そしてまず行うこととしては、夢の中で持ち帰りたい情報は何なのかを意図することがとても大切です。はじめは例えば「私に今必要なことを教えてください」や、「私が手放す必要のあるものを教えてください」などと意図するといいかもしれません。誰にでもガイド(ヘルパー)と呼ばれる目に見えない世界への導き手がいるので、「私のガイドよ、ありがとうございます」と思うと必要な夢がより見やすくなります。

夢を活用するのが難しい方は、最初の方で示した日食時にどのようなことをすればいいのかのポイントを実践することや、日食時のホロスコープの考察の文章を意識に止めておくだけでもいいと思います。

今回の日食はかなり大きなターニングポイントになりますので、自分の本当とは何なのかをしっかりと見つめ、この物質世界に振り回されない本来の自分に戻るきっかけをつかんでいただけたらと思います。

2019年8月30日 乙女座の新月(占星術)

新月は始まりのエネルギーをもたらすので、新しく計画や目標を立てたり願い事をするのにいいとされています。

今回の新月は乙女座で起こります。
サビアンシンボルは乙女座7度「ハーレム」焦点を当てたいキーワードは「支配と被支配の関係性を意識する」です。

乙女座7度「ハーレム」は、自分は何を支配する立場にあるのか、また逆に何に従属しているのか、という支配と被支配の関係性を表しています。この関係性の中で生まれる弊害や恩恵とは何かについて考えたり、支配と被支配の間の落差を埋めるための行動を起こしたりすることも、この度数が表すものです。
このような、自分を取り巻く人や組織、権威的なものとの関係性について考え、そこでどのような恩恵を受けたいのか、もしくはこの落差を埋めるためにはどのような行動を起こせばいいのか、といったことを新月の計画や願い事に取り入れるといいでしょう。

今回の新月には牡牛座の天王星120度乙女座の火星0度で力を与えてくれます。より大きな自分になるために、今の自分に足りないものは何なのかに気付きやすくなり、それを克服しようとする力も強くなります。また、先ほどの支配・被支配の関係性に依存せず、自分を軸としてパワーを創り出すエネルギーも出やすくなります。

他に乙女座のキーワードとして、他者へ奉仕すること、実務的な能力、健康や自己管理などがあります。象徴する体の部位はです。これらもヒントにするといいでしょう。

【願い事・目標・計画を立てる時のポイント】
願い事・目標・計画を立てる時は、新月を迎える8月30日19時38分以降、次の日の17時46分までに済ませておくのがおすすめです。

2019年8月1日 獅子座の新月(占星術)

新月は始まりのエネルギーをもたらすので、新しく計画や目標を立てたり願い事をするのにいいとされています。

今回の新月は獅子座で起こります。
サビアンシンボルは獅子座9度「ガラス吹き」焦点を当てたいキーワードは「自分なりの哲学を中心にして創造的な活動をする」です。

獅子座9度「ガラス吹き」は、自分を中心に据え、自分なりの個性や考え方、哲学などをもとに、外に向かって自己表現としての創造性を発揮させることを表しています。
他の人とは違う自分の個性や考え方、自分の表現とは何なのかに目を向け、それを追求しながら外に向けて自分を表現したり何かを創り出したりすることを、新月の計画や願い事に取り入れるのがおすすめです。

今回の新月には牡牛座の天王星90度でからんでくるので、自分独自の感性や個性のエキセントリックさが強調されますが、それらがあまりにも激しく強烈にならないようコントロールする必要があります。

他に獅子座のキーワードとして、、自分らしさの感覚を獲得すること、自分の個性や特別さを他人から賞賛されることなどがあります。象徴する体の部位は心臓、背中です。これらもヒントにするといいでしょう。

【願い事・目標・計画を立てる時のポイント】
願い事・目標・計画を立てる時は、新月を迎える8月1日12時13分以降、その日のうちに済ませてしまうのがおすすめです。

2019年7月3日 蟹座の新月と日食(占星術)

7月3日は蟹座の新月です。それに加え今回は日食も起こります。

新月は始まりのエネルギーをもたらすので、新しく計画や目標を立てたり願い事をするのにいいとされています。日食時にはこのエネルギーが更に強まると考えられます。
また
新月は次の満月までの間の短期的な目標を立てるのがおすすめですが、日食はだいたい半年に一度起こるため、次の日食までの約半年という期間を意識して、その間のテーマや目標を立てるのがいいでしょう。次回の日食は12月26日なので、それまでの期間を念頭においてみてください。


今回の新月・日食蟹座で起こります。
サビアンシンボルは蟹座11度「しかめっ面をするピエロ」焦点を当てたいキーワードは「他とは同調しない自分独自の心の在り方を確立していく」です。

蟹座11度「しかめっ面をするピエロ」は、自分が直感的に感じた純粋な心情を大切にし、それを呑みこもうとする大多数の意見や既存のものの見方には反抗する姿勢を表しています。
他のものに流されず、自分の感じた心の世界を豊かに耕し、その独自の世界を深めていくことをテーマにするのがおすすめです。

また今回の新月時には、牡牛座の天王星が感覚的な独自のセンスや鋭敏さなどを強めてくれるでしょう。

次回12月の日食までの約半年間の中期的なテーマや目標を定める機会を、今回の日食でもうけてみてはいかがでしょうか。

【願い事・目標・計画を立てる時のポイント】
目標・計画・テーマ・願い事などを定める時間は、新月を迎える7月3日4時17分以降とし、その日の23時25分までに済ませてしまうのがおすすめです。

 

(Image license:creative commons/Creator:Yutaka Tsutano)

2019年6月3日 双子座の新月(占星術)

新月は始まりのエネルギーをもたらすので、新しく計画や目標を立てたり願い事をするのにいいとされています。

今回の新月は双子座で起こります。
サビアンシンボルは双子座13度「ピアノを目の前にした偉大な音楽家」焦点を当てたいキーワードは「自分の能力を拡大させる」です。

双子座13度「ピアノを目の前にした偉大な音楽家」は、知性や情報処理能力、個人的な能力・可能性をカリスマ的に発揮すること、他とは迎合しないような尖った性質をあらわしています。
自分の持つ能力を鋭く発揮させること、知性や情報処理能力、個人的能力の拡大に関することを、新月の計画や願い事に取り入れるのがおすすめです。

今回の新月には魚座の海王星90度射手座の木星180度でからんでくるので、創造性やヴィジョン・夢などを個人の能力に落とし込むような視点や、個人的な能力をより発展的に他の人々に示すためにはどうすればいいかということも考えてみるといいでしょう。ただし、あまりにも現実的でない方向に視点が拡散しないように注意が必要です。

他に双子座のキーワードとして、知性を活用すること、興味・好奇心をもってさまざまなものを探索すること、さまざまな人とのコミュニケーションなどがあります。象徴する体の部位は腕、肩、手、肺、神経です。これらもヒントにするといいでしょう。

【願い事・目標・計画を立てる時のポイント】
願い事・目標・計画を立てる時は、新月を迎える6月3日19時03分以降の、新月になるべく近い時間に済ませてしまうのがおすすめです。

2019年5月5日 牡牛座の新月(占星術)

新月は始まりのエネルギーをもたらすので、新しく計画や目標を立てたり願い事をするのにいいとされています。

今回の新月は牡牛座で起こります。
サビアンシンボルは牡牛座15度「マフラーと粋なシルクハットを身に付けた男」焦点を当てたいキーワードは「自分なりの現実的な頂点を目指す」です。

牡牛座15度「マフラーと粋なシルクハットを身に付けた男」は、ビジネス・実業的なことや金銭、所有物などに関して、自分の主張や支配力を外に向かって打ち出していくことを表しています。
これらの要素において自分はどのような頂点を目指したいのか、何を実際に主張し実現させたいのか、というようなことを新月の計画や願い事にからめるのがおすすめです。

特に今回は、山羊座の冥王星、土星魚座の海王星牡牛座の天王星など強力な天体が協力・後押ししてくれる配置になっています。積極的に現実を進めていく力、壮大な夢を見る力などが送られてきていることを意識すると、よりパワーを得やすくなります。

他に牡牛座のキーワードとして、五感を活かすこと、自分の所有物を確保し守ること、こつこつマイペースに物事を進めることなどがあります。象徴する体の部位はのど、首です。これらもヒントにするといいでしょう。

新月のはじまりのパワーを活用するために、今回ご紹介したことを材料にして計画を立ててみてはいかがでしょうか。

【願い事・目標・計画を立てる時のポイント】
願い事・目標・計画を立てる時は、新月を迎える5月5日7時46分以降とし、6日0時10分までに済ませてしまうのがおすすめです。
(新月の願い事の方法は以下のブログ記事をお読みください)

新月の願い事