2017年11月29日の月からの影響(占星術)

毎日の占星術の月を読み解き、私たちにどのような影響があるのかを見ていくシリーズです。月は私たちの感情や無意識に働きかける力があります。
月は1時31分までのボイドタイムを経て、牡羊座に移ります。

牡羊座に月がある時は、普段よりもいきおいが増しやすく、新しいことを始めたくなったり活動的になったりと、パワフルな気分になりやすい期間です。衝動的になりすぎないように注意が必要です。

今チャレンジしていることがあれば、新しい環境に対してアプローチするような試みを取り入れてみるといいかもしれません。抽象的な思考を必要とするものや、哲学、思想、未知の世界のことに関して積極的に取り組んでみるのもおすすめです。

※ボイドタイムの間は他の人との意思疎通がうまくいかなかったり、思いがけないことが起こりやすかったりするため「魔の時間帯」とも呼ばれています。そのため交渉事や会議をしたり、大事な決断をしたり、何かをスタートさせるのには向かない時間帯として知られています。