『自分を知る、星とマヤからのメッセージ』ランチ会のお知らせ 後編

12月16日(土)に開催するランチ会『自分を知る、星とマヤからのメッセージ』の参加者を現在募集中です(^^)

今回は、ランチ会を一緒に行うカウンセラーのやまだ先生がまとめてくださった会のコンセプトをご紹介します。
(日時、場所、金額などの詳細は前編をお読みください。)


80年代生まれの占い師&カウンセラーが伝える
★『自分を知る、星とマヤからのメッセージ』ランチ会★

(文章:やまだけいし先生)(画像ライセンス:creative commons/著作者: Vector Open Stock)

急遽決まった企画ですが、

決めたら早かった〜!

今まであまり意識してこなかった「世代」という言葉。

誰しも自分が生まれ育ってきた時代の流れ(時流)に影響を受け

己の価値観の一部としてどこかに持っているものだと思う。

「頑張って勉強しなさい!

今が辛くても良い学校(会社)に入れば幸せが待ってるから!」

学生時代、先生や親たちからそんな言葉をかけてもらった私たち。

大人になるにつれ、それが不変の真実ではないことを

親世代のリストラや自分が働き始めて薄々気づき始める。

「嫌いなことを歯を食いしばってやるよりも、

心が悦ぶ好きなことをどんどんやって自分も人も満たしたい!」

そんな心の叫びと欲求に目をつぶれなくなってきた。

 

「苦手は克服するべきもの」という価値観から

「得意をどんどん伸ばす」という価値観へ。

「我慢こそ必要」から

「イヤならやめる」へ。

「周りに合わせられることが大人の証」から

「自由に思ったように生きる!」へ。

今がまさに価値観の変革期。

そして、どちらの価値観にもふれてきたのが私たちの世代です。

大事なのは、どちらかが「正しい」ではなく

【自分の生き方を自分で決めること】

 

自分はどうしたいのか?

自分はどうすれば悦ぶのか?

何ができて何ができないのか?

自分はどんな価値を提供できるのか?

仕事も「与えられるもの」から

「自分で創るもの」へと変わってきています。

大きな力の傘下にいれば安泰だった時代から

個人が好きなことで力を発揮していく時代。

 

そこで今回私たちがお届けしたいテーマは

【自分を知ること】

答えは全て自分の中にあるので他人に聞く必要は本来ありません。

ただ、客観的な視点から自分をみることで、

自分では気がつかなかったことを発見できることがあります。

そのお手伝いを占星術とマヤ暦からさせていただくのが今回のコンセプト。

自分自身の地図を示してくれるのが占星術とマヤ暦なのです。

これまでにないおもしろい時代を

自分らしく生きてもっともっと楽しみましょう!

 

-占星術とマヤ暦について-

生年月日から自分を知るという点では占星術もマヤ暦も似ていますが、

マヤ暦が自分のエネルギーの大きな流れを知ることができるのに対し、

占星術は「才能」「知識」「仕事」「金銭」「家」など

場面ごとの自分を知ることができる、という違いがあります。

 

◎こんな方にぜひ参加してほしい〜!

・生き方に迷っていて客観的な視点がほしい

・自分の生まれもった本質や役割を知りたい

・他人に左右されず自分軸で生きていきたい

・星占いやマヤ暦に興味がある

どれか一つでも当てはまればOKです!

 

◎占星術とマヤ暦からあなたへアドバイスを

あなた専用の鑑定書(簡易版)をお渡しします。

占星術とマヤ暦という二つの視点を一度に味わっていただけますので

かなりおもしろいと思います♪

個人セッションではありませんが、

気になっていることを参加者のみなさんと一緒にシェアしながら

ざっくばらんにお話できる会にしていきたいと思っています(^^)

 


お申し込みをご希望の方は以下のフォームにご入力の上、一番下の送信ボタンでご送信ください。