2017年11月9日の月(占星術)

毎日の占星術の月を読み解き、私たちにどのような影響があるのかを見ていくシリーズです。

月は昨日に引き続き蟹座に滞在しています。

自分勝手な行動をとったり、ひねくれた気分になりやすく、そのような点で人と対立しやすい時なので、自分の態度に注意を向ける必要があります。また主観や感情での判断に陥りやすいため、広い視野をもつように心掛けるのがおすすめです。
(天王星とスクエア/土星とクインカンクス)

そして月は14:14~21:30のボイドタイム(※)を経て獅子座に移動します(獅子座の月はまた明日のブログで)。

※ボイドタイムの間は他の人との意思疎通がうまくいかなかったり、思いがけないことが起こりやすかったりするため「魔の時間帯」とも呼ばれています。そのため交渉事や会議をしたり、大事な決断をしたり、何かをスタートさせるのには向かない時間帯として知られています。